先日、国立新美術館 企画展

『カルティエ、時の結晶』へ出かけてきました

10月2日から開催されている時から

ずっと気になっていたいましたが

とうとう来週の16日で終了となると

気持ちが焦ってしまい、思い立って出かけてきました

(Chanelの時もギリギリ…)

殆どの場合が撮影NGでしたが、1ヶ所だけOKな場所で

最初の作品が鳥のモチーフのジュエリーでした

ネックレス、リング、ブローチと可愛い鳥たちの作品

音声ガイドの説明では、青と緑、赤と緑、緑と黒といった色の合わせは

当時では斬新な試みであったと説明がありました

革命だったのですね

たくさんのティアラの中で撮影OKだったのがこちらのティアラ

グレース・ケリー モナコ王妃のティアラです

王妃のグリーンかかったグレーの瞳と上品は顔立ちに

豪華なティアラの赤いルビーと

たくさんのダイアモンドの融合が素晴らしい作品でした

カルティエの象徴といえばパンテール(豹)

しかし、意外にも蛇も多いモチーフでした

爬虫類を愛するある女優からのオーダーで作られた

ヘビのネックレス

また一つ象徴が増えた瞬間でした

*

*

*

CANELのイベントではエネルギーを貰いました

CARTIERのイベントでは

職人の技と、デザイナーの直向きな研究と努力

全くの正反対の力を体験することができて

感動と感謝しかありません

*

2019年最後に素晴らしい体験をすることができたことに

幸せを感じ、2020年を迎える事に感謝しています

*

Maison de Hiloを通して

今年もたくさんの方に出逢いました

来週は今年最後のイベントになります

皆さんの笑顔をたくさん作れる様に

私も日々努力したいと思います

*

*

*